スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

速報:しゃぶしゃぶ温野菜ブラックバイト事件で店長が傷害・暴行容疑で書類送検!

 しゃぶしゃぶ温野菜ブラックバイト事件で、当該店舗の店長が本日書類送検されました。容疑は、傷害罪・暴行罪です。
 店長は、被害学生の左肩・左胸のあたりを包丁で刺し、ハンガーで背中を傷つけるなどしました(傷害)。また、店長は、被害学生の首を絞めるなどした容疑があります(暴行)。
 被害学生は、アルバイト勤務中に、しゃぶしゃぶ温野菜の店舗内で、店長からこうした被害を何度も受けてきました。

 こうした深刻な被害があるにもかかわらず、運営会社のDWEJAPANは、団体交渉を拒否し続けています。また、フランチャイズ本部のレインズインターナショナル(以下、レインズ社)も、自らは話し合いに応じません。レインズ社は、運営会社を指導すると言いながらも、未だに運営会社は団体交渉に応じていません。

 さらに、レインズ社は、被害学生にも非があると印象づける報告文書を同社ホームページ上で公開し続けています。
http://www.reins.co.jp/media/377/20151104.pdf

 この文書では、一連の傷害・暴行の事実については一切触れずに、店長の脅迫についても「害意はない」として深刻な被害を矮小化しています。そのうえ、被害学生による「日々のミスの頻発」や「勤務態度に著しい悪化が認められ」たことについて店長が(!)思い悩んでいたなどとして、あたかも被害学生にも非があったかのような印象を与えています。

 運営会社のDWEJAPANとレインズ社は、しゃぶしゃぶ温野菜の店長が起こした傷害・暴行事件の事実や警察が書類送検した判断を真摯に受け止めるべきです。

 ブラックバイトユニオンは、両社に対し、暴行・傷害の事実を認めて、本件解決のための団体交渉に応じるよう求めます。


■ブラックバイトユニオンとは
ブラックバイトユニオンは、ブラックバイトによって学生生活を脅かされることのない働き方や社会を目指して、2014年8月1日に結成された労働組合です。関東圏の大学生・大学院生を中心に約100人のメンバーで活動しています。団体交渉や労働基準監督署の利用を通じて、個々のメンバーが抱える労働問題を解決するとともに、ブラックバイト問題に関する啓発活動やキャンペーンにも取り組んでいます。

■お問い合わせ
東京都世田谷区北沢4-17-15 ローゼンハイム下北沢201号
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

Tag:未分類  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ブラックバイトユニオン

Author:ブラックバイトユニオン
私たちブラックバイトユニオンは、近年様々な背景のもとで広がりつつある「ブラックバイト」によって学生生活が脅かされることのない社会を目指して活動する団体です。電話とメールで相談を受け付けているので、学生の方は是非お気軽にご相談ください。
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

ツイッター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。