「餃子の王将」から未払い賃金と制服代を取り返しました!

 「餃子の王将」で働いていた大学2年生のブラックバイトユニオンメンバーの井上(仮名)です。つい先日、会社に未払い賃金や制服代など合計22178円を請求し、無事取り返すことができました。

 「餃子の王将」ではシフトの10分前には着替え終わって働き始めないといけない決まりになっています。しかし、私の勤務記録では労働時間は30分単位で記録され、シフトの10分前から働いた分の給料は出ないようになっており、着替え時間に関しても給料は出ませんでした。さらに、シフト5分前には着替え終えて仕事に入ったにもかかわらず、遅刻したとして30分分の給料をカットされたこともありました。

 また、最初の給料から制服代として5500円が差し引かれていました。厨房用の制服とホール用の制服の二つを天引きされたのですが、ホール用の制服は一度も使うことさえありませんでした。

 これらの、1分単位で賃金を払わないことや、職場でしか使えない制服の代金を天引きされるのは労働基準法違反です。

 請求すれば取り返すことができますし、仮に会社が支払いを拒否しても、労働基準監督署に申告すれば支払わせることができます。



 今回、私は以下の手順で未払い賃金の請求を進めました。


①証拠をとる

 私は『しごとダイアリー2』を使って実際に働いた時間を逐一記録しました。下の写真のように、着替え時間や休憩時間の詳細まで1分単位で記録することがポイントです。
※ 『しごとダイアリー2』についてはこちらのHPをご覧ください。
http://www.horinouchi-shuppan.com/#!004/c4x5

仕事ダイアリー記録

(写真1:『しごとダイアリー2』の記入例)


②未払い賃金を計算する

 次に私は、「給与第一」(渡辺輝人弁護士作成)というフリーの残業代計算ソフトを下記のように使って、未払い分の賃金がいくらになるか計算しました。

(1) 「計算規則」のシートに雇用期間や給与の締め日を入力します。
(2) 「基礎時給計算書」のシートに時給を入力します。
(3) 「時間・賃金計算書」のシートに実際の始業時刻・終業時刻・休憩時間と、シフト通りの時間(事業所所定労働時間)を入力します。
(4) 「既払金計算書」のシートに、既に払われた残業代を入力します。
(5) 「集計表」のシートに未払い賃金が自動で計算されて出てきます。
※ 「給与第一」は下記HPよりダウンロードできます。
http://www.daiichi.gr.jp/activity/2010/0201.html

時間・賃g人計算書


(写真2:時間・賃金計算書の記入例)


③内容証明郵便で請求する

 次に私は、以下の流れで内容証明郵便を使って本社に未払い賃金を請求しました。

(1) 内容証明郵便の書式をダウンロードします。
(2) ダウンロードした書式にしたがって、差出人の住所と名前、受取人の住所(本社)と名前(社長あるいは代表取締役)、雇用期間、未払い賃金額、口座番号、支払い期限などを入力する。私の場合は制服代を給料から差し引かれたことも下記写真の通り記載しました。
(3) ②で作成した「時間・賃金計算書」・「既払金計算書」・「集計表」のシートと、③(2)でつくった未払い賃金請求書を3部印刷する。
(4) 印鑑と③(3)で用意した書類をもって郵便局に行く。
(5) 窓口で「内容証明郵便で送りたい」といって、あとは郵便局職員の指示にしたがう(配送証明は送ってもらう)。給与第一でつくった労働時間や未払い賃金の資料は内容証明郵便とは別に送る。

※ なお、内容証明郵便で送る際には1600円ほど必要になります。


内容証明郵便①

(写真3:未払い賃金請求書の例 1ページ目)
内容証明郵便②

(写真4:未払い賃金請求書の例 2ページ目)

 内容証明郵便を送った二日後、「王将フードサービス」から請求書通り未払い賃金を支払うとの連絡がありました。請求書に記載した支払い期限である請求の一週間後、私は無事請求通りの金額を支払われることになったのです。


④労働基準監督署に申告に行く

 私の場合は会社が素直に支払ってくれましたが、会社が嫌がって支払ってくれない場合があります。そのような場合には労働基準監督署を使います。

 まず、内容証明郵便で会社に送った書類の控えをもって、職場のある地域を管轄している労働基準監督署に行きます。窓口で「申告しにきました」と伝え、内容証明郵便の控えを見せます。「このように請求したにもかかわらず、会社側がまだ払ってくれません。指導をお願いします」といって、給与第一でつくった資料や、『しごとダイアリー2』の記録も見せて、きちんと証拠もあることを伝えましょう。なお、申告の際は匿名でも可能ですので、匿名の方が良ければそのように伝えましょう。


 ブラックバイトユニオンでは、このように学生アルバイトへの賃金未払いなどの問題に取り組んでいます。あなたも実際に働いた時間通りの賃金が出ていなかったりしませんか?電話とメールで無料相談を受け付けていますので、学生の方は是非お気軽にご相談ください!

TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

 

Tag:未分類  comment:1 

Comment

ジェットマグロ URL
#FwzSTkKM Edit  2014.11.24 Mon19:53
このような成功例は、大きな力になりますね。
これを参考に、同様の動きが広まればいいのですが。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ブラックバイトユニオン

Author:ブラックバイトユニオン
私たちブラックバイトユニオンは、近年様々な背景のもとで広がりつつある「ブラックバイト」によって学生生活が脅かされることのない社会を目指して活動する団体です。電話とメールで相談を受け付けているので、学生の方は是非お気軽にご相談ください。
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

ツイッター
検索フォーム