スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Dの元従業員の男性が略式起訴されました。

 昨日12月16日、Dの元従業員の男性が裁判所に略式起訴されました。

 D(運営会社A)店舗内でアルバイト学生へ暴力行為を働いたとして、先月28日に元従業員の男性が逮捕されていましたが、昨日、男性は暴行罪による略式起訴されることとなりました。また同日、裁判所は男性に対し罰金15万円の略式命令を出し、これにより、元従業員の男性の有罪が確定したこととなります。
 これまでもお伝えしてきたように、当時、被害学生は、122日間連続勤務(1日12時間労働)や、20数万円の商品の自腹購入を強いられていました。被害学生は、退職を申し出たこともありましたが、胸倉を掴まれ脅迫されるなどして、辞めることはできませんでした。
 また、本件の加害者である店長夫妻も、当該店舗にて、8ヶ月連続勤務を強いられていました(店長談)。この店舗では、複数人が過酷な勤務を強いられることが常態化していました。
 これらの事実は、Dの当該店舗を運営する(株)Aや、この店舗の運営を指導する立場にあるフランチャイズ本部の(株)Cが、管理責任をきちんと果たしていなかったことを示しています。
 こうした事実があるにもかかわらず、(株)Aは、団体交渉にも応じず誠実な対応をしていません。当時の職場の環境に問題があったことは明白になっている以上、一刻も早く会社は団体交渉に応じるべきであると、ユニオンは考えています。

 また、フランチャイズ本部の(株)Cも、被害学生との話し合いに応じていません。Cは、(株)Aを指導するとは言うものの、事件発覚から1年以上が経過しているにもかかわらず、未だ暴行等の事実を認めず、被害学生への謝罪や補償も行っていません。
 それどころか、Cは、一連の暴行・の事実には一切触れずに、被害学生にも非があるという趣旨の「第三者委員会」による報告書まで出しています。

 今回暴行の事実が認められたことで、この報告書の問題点がより明白になった以上、Cは報告書を撤回し、被害学生に対する謝罪、また労働環境の改善についてユニオンとの話し合いに応じるべきです。

Tag:活動報告 

プロフィール

ブラックバイトユニオン

Author:ブラックバイトユニオン
私たちブラックバイトユニオンは、近年様々な背景のもとで広がりつつある「ブラックバイト」によって学生生活が脅かされることのない社会を目指して活動する団体です。電話とメールで相談を受け付けているので、学生の方は是非お気軽にご相談ください。
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

ツイッター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。