スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

12月4日(日)、イベント「過労死から現代日本社会を考える」を開催します!


20161204イベントのちらし

 電通、ワタミ、トヨタなど、日本を代表する大企業で相 次いで過労死が発生しています。電通では過去に3件の過労死が起こっており、24歳の入社1年目の女性は月130時間の残業を強いられた後に鬱になり自死しています。

 日本では当然になっている長時間・過重労働は、労働者をうつ病・過労死に追いやります。うつ病が蔓延すれば 医療費の増加に繋がり、働けず結婚できない人が増えれば生活保護費の増大や少子化、労働力不足に繋がります。

 残業のない働き方が前提の諸外国では過労死自体が稀で、仕事が原因で亡くなることを表す言葉すらありません。そのため、karoshi がそのまま英語として世界的に通用しているほど、これは日本特殊な現象なのです。

 なぜ過労死は増え続けるのか、それは日本社会にどう影響するのか、日本を代表する過労死・長時間労働問題の専門家である森岡孝二教授と『ブラック企業』の著者・今野晴貴 POSSE代表が解説します。

日時:12月4日(日)
  16:00〜 
(開場15:45)

場所:YMCA アジア青少年センター 3 階 304・305
   東京都千代田区猿楽町 2 - 5 - 5
   JR水道橋駅から徒歩5分、地下鉄神保町駅から徒歩7分

講師:森岡孝二・関西大学名誉教授
  今野晴貴・NPO法人POSSE代表


参加費:学生無料、一般1000円
事前申し込み不要

■ブラックバイトユニオンのボランティアを募集しています!
 ブラックバイトユニオンでは、職場での労働条件の改善のため、ともにブラックバイトの改善に取り組んでくれる学生ボランティアを募集します。ボランティアとして、団体交渉や労働基準監督署への申告のサポートをすることができます。詳しくは、こちらをご参照ください。

■ブラックバイトユニオンとは
ブラックバイトユニオンは、ブラックバイトによって学生生活を脅かされることのない働き方や社会を目指して、2014年8月1日に結成された労働組合です。関東圏の大学生・大学院生を中心に約100人のメンバーで活動しています。団体交渉や労働基準監督署の利用を通じて、個々のメンバーが抱える労働問題を解決するとともに、ブラックバイト問題に関する啓発活動やキャンペーンにも取り組んでいます。

■お問い合わせ
東京都世田谷区北沢4-17-15 ローゼンハイム下北沢201号
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

Tag:イベント  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ブラックバイトユニオン

Author:ブラックバイトユニオン
私たちブラックバイトユニオンは、近年様々な背景のもとで広がりつつある「ブラックバイト」によって学生生活が脅かされることのない社会を目指して活動する団体です。電話とメールで相談を受け付けているので、学生の方は是非お気軽にご相談ください。
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

ツイッター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。