スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ブラックバイトセミナー(8月10日)

8月10日にブラック企業対策プロジェクト主催で、「ブラックバイトから生徒・学生を守るために〜大変すぎるアルバイトから学生生活を守る方法〜」と題したセミナーが都内で行われました。
天候が不安定であったにもかかわらず、高校・大学の教職員や学生など約30名もの参加がありました。

201408111231464ef.jpg ←クリックorタップで画像を拡大

私たちブラックバイトユニオンからも、佐藤学共同代表が登壇し、これまでに相談のあったブラックバイトの実例とそれぞれの対処法について、ブラック企業被害対策弁護団所属の竹村和也弁護士と共に報告をさせていただきました。

20140811130917bda.jpg

20140811125438648.jpg 20140811130918528.jpg

事例としては、賃金不払い、罰金や弁償の強要、不合理な解雇、パワハラ・セクハラ、無理なシフトの強要などを挙げ、それぞれ最低限の法的知識や証拠さえあれば対処が可能だということを強調しました。

しかし、現状として、ほとんどの学生はそうした最低限の法的知識さえ持つことができていません。
報告の後には、参加者同士でのワークショップも行われましたが、多くの高校・大学教職員の方から、「自分のところにもブラックバイトで苦しんでいる生徒・学生がいる」、「ブラックバイト問題や最低限の法律について生徒・学生が知る機会を与える必要があると思う」などといったご発言をいただきました。

今後、私たちブラックバイトユニオンでも、そうした問題意識を抱えた教職員の方々と連携をとり、ブラックバイトへの対処法をテーマとした出張授業などを行っていきたいと考えています。



セミナーの冒頭では、「ブラックバイト」という言葉の生みの親でもある大内裕和・中京大学教授による講演も行われました。
20140811142003748.jpg

大内教授からは、ブラックバイトが問題化した経緯やその背景についてお話ししていただいた上で、ブラックバイトや日本の奨学金制度を重大な「社会問題」として捉える観点からご報告していただきました。
また、今後の課題として、①「ブラックバイト」問題を「ブラック企業」との関連も含めて、社会に広く知らせること、②行政、高校・大学との連携を強める、③奨学金制度の充実など高校生・大学生の経済的条件の改善、の3点を挙げていただきました。

私たちも、「どうすればブラックバイトを社会からなくせるのか」といった大局的な視点を常にもち、今後の活動に励んでいきたいと思います。

Tag:イベント  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ブラックバイトユニオン

Author:ブラックバイトユニオン
私たちブラックバイトユニオンは、近年様々な背景のもとで広がりつつある「ブラックバイト」によって学生生活が脅かされることのない社会を目指して活動する団体です。電話とメールで相談を受け付けているので、学生の方は是非お気軽にご相談ください。
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

ツイッター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。