【速報】 しゃぶしゃぶ温野菜、交渉を拒否して10分で退出

 ブラックバイトユニオンは、しゃぶしゃぶ温野菜運営会社(DWEJAPAN株式会社)と3回目の団体交渉を行う予定でした。ところが、開始10分でしゃぶしゃぶ温野菜側の出席者が団体交渉を拒否し、退席してしまいました。現在、話し合いに応じるよう説得しているところですが、取り急ぎ、経過報告をさせていただきます。

■ブログを書くなら団体交渉には応じられない?
 開始早々、しゃぶしゃぶ温野菜側は、「団体交渉の内容をブログにアップするなら、これ以上交渉することはできない。」と主張し、開始10分で私たちの制止も構わずに、退席してしまいました。
 しかし、団体交渉の内容についてブログで発信することになったきっかけは、しゃぶしゃぶ温野菜側の非常識かつ侮辱的な発言の数々にあります。
 まず、一回目の団体交渉では、しゃぶしゃぶ温野菜側は、4ヶ月連続勤務(1日12時間勤務)を強いられた被害者である大学生Aさんについて、「店には来ていたが、働いていない。」「店長の制止を振り切って出勤した。」などと常識的には考えられない主張を展開しました。また、被害学生のAさんについて「能力が低かった」などと侮辱もしています。
 二回目の団体交渉では、しゃぶしゃぶ温野菜側は「自発的に喜んで働いていた。」「彼はそこまで(自腹購入のこと)をしてまでも店に来たかった。」「(学業への影響についても)すべて会社の責任だとするのは甘えだ。」などと言い放ち、店長の指示をうけて働いていたという事実(ラインの記録にも残っている)を捻じ曲げる主張を繰り返しました。
 こうした発言について、交渉の中で抗議しても、しゃぶしゃぶ温野菜側は訂正さえしないので、団体交渉についての情報発信の必要性を私たちは感じていたのです。

■正当な権利行使を理由に団体交渉拒否を明言
 また、そもそも、団体交渉の中で双方の主張が相違する点について情報発信をして広く社会に問うことは、労働組合の正当な権利として認められていることです。実際、会社側も情報発信が組合の権利であることについては認めています。それにもかかわらず、会社は、組合が権利を行使するなら、こちらも「態度を硬化させてもらう」としました。
 このような理屈で団体交渉を拒否することがまかり通ってしまうなら、被害に遭った労働者は、正当な権利行使すらできなくなってしまいます。被害に遭った学生が、労働組合を通じて権利を行使することは許されないでもいうのでしょうか?

■ブログを書くなら証拠資料は出さない?
 当事者である学生アルバイトのAさんの被害回復のためには、客観的資料により事実を解明することが必要不可欠です。しかし、資料の多くは今も会社にあります。組合は手元にある資料を提出しつつ、会社側にレジ記録や警備記録、業務日報等の提出を求めていました。勤務記録が改ざんされている以上、Aさんがどのように働かされていたのかを正確に把握するためには、こうした資料が必要になるからです。しゃぶしゃぶ温野菜側は、前回の団体交渉において「開示できる資料は出す」と組合と約束していました。
 ところが、今回会社側は一切の資料提出を行わず、今後も協力しない旨を伝えてきました。団体交渉についてブログを書くなら、証拠資料も出せないというのです。
 このままでは、事実解明もAさんの被害の回復もなされないまま、うやむやにされてしまうと、危機感を持っています。

■被害学生Aさんの感想
 今回の運営会社の対応について、Aさんの感想を紹介します。
「仕事を辞められて、久しぶりに学校に行って授業や課題も大変なのに、話し合いをしないとか、引き延ばすとかするのは、本当にやめてほしい。ちゃんと事実を認めてもらって、早く解決に向かってくれることを願っています。」

■今後について
 今後、ユニオンは、温野菜運営会社に対し、団体交渉を一方的に拒否せず、誠実に交渉に応じるよう求めていきます。また、温野菜本部のレインズインターナショナルに対しても、運営会社が団体交渉を拒否している現状を重く受け止め、指導に当たるとともに、速やかにAさんの被害を回復するために、直接ユニオンと話し合って問題解決に協力するよう求めていきます。

■関連サイト
パワハラ発言などの動画はこちらから:https://www.youtube.com/watch?v=500znEiosrQ
被害の詳細についてはこちらから:http://blackbeitunion.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

■連絡先
〒155-0031 東京都世田谷区北沢4−17−15 ローゼンハイム下北沢201号
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

■ボランティア募集 
 ブラックバイトユニオンでは、職場での労働条件の改善のため、ともにブラックバイトの改善に取り組んでくれる学生ボランティアを募集します。ボランティアとして、団体交渉や労働基準監督署への申告のサポートをすることができます。詳しくは、こちらをご参照ください。

Tag:しゃぶしゃぶ温野菜  comment:1 

温野菜の主張 「彼は自発的に喜んで働いていた。」

 ブラックバイトユニオンは、しゃぶしゃぶ温野菜運営会社と第2回団体交渉を行いましたので、その経過を報告させていただきます。運営会社のDWEJAPAN株式会社からは、前回と同じく、代表と代理人弁護士2名にお越しいただきました(※温野菜本部レインズインターナショナルからの出席はありませんでした)。

■会社側は「自発的に喜んで働いていた」と主張
 温野菜運営会社は、前回団体交渉時に主張していた「彼は店には来ていたが働いていなかった」という主張を一部修正し、今回の交渉では「働いていた」こと自体については認めました。
 しかし、「(被害に遭った学生アルバイトのAさんは)自発的に喜んで働いていた」のであって、「強制的に働かされていたのではない」という主張を新たに行いました。運営会社は、「自発的に喜んで働いていた」という主張について、以下の3つの根拠を挙げていました。

 ①Aさんは、大学で居場所がなかったからお店に来ていただけ
 ②お店で働くのが嫌だったとしたら、辞めていたはず
 ③能力の低いAさんに対し、店長が仕事を頼むはずがない

 彼は本当に「自発的に喜んで働いていた」のでしょうか? 以下、この三点について見ていきます。

■20万円分の自腹購入をしてまでも、働きたかった?
 温野菜運営会社は、大学がうまくいってない、大学に居場所がないといった理由から、Aさんはお店に「喜んで自発的に来ていた」「彼は働きたかった」のだと主張しました。
 しかし、ちょうどこの頃、Aさんは20万円分の自腹購入をさせられていました。そのうえ、数千万円の損害賠償を示唆されて怯えながら出勤していました。実際、Aさんは退職を二度も申し出ているにもかかわらず、店長に恫喝されて辞められなかったという経緯があります。
 昨年度までは大学に普通に毎日通うことができていたにもかかわらず、今年度に入ってから授業に行けずに単位が取れなかったことは、4月12日~8月11日までの4ヶ月連続勤務(1日当たり約12時間の労働)という過酷なアルバイト勤務と、全く関係ないとでも言うのでしょうか?

■辞められないというのが理解できない?
 温野菜運営会社は、お店で働くのが嫌だったのなら、辞めていたはずだとして、Aさんは自発的にお店に来ていたと主張しました。温野菜の運営会社は、「辞められないというのが理解できない、インターネットを調べれば(辞められるということが)すぐに分かる」とも述べました。
 ユニオン側から「借金を負わせられるのではないかという恐怖があった」と説明すると、温野菜運営会社は、「念書が書かれていないのに、なぜ借金を負うと思うのか」とさらに反論してきました。
 しかし、店長はAさんに対し、何度も損害賠償請求を示唆していたのです。実際、店長は、弁護士に相談して彼を訴える準備をしているとまで、Aさんに話していました。Aさんにとって、損害賠償請求の恐怖はリアリティのあるものだったと考えられます。

■能力の低い人に仕事は頼まない?
 温野菜運営会社は、開店前の仕込み作業に、店長からAさんに来いと指示をしたことはなく、Aさんが「自分のミスを挽回したくて自発的に来ていただけだ」とも主張しました。その根拠として、Aさんの能力は低いので、店長がAさんに対して強制的に仕事をさせることは考えにくいという見解を述べました。
 しかし、店長はAさんと何度もLINE上で、翌日何時に出勤するかというやり取りや、開店前の時間に具体的な業務指示をしています。Aさんは、ほぼ毎日仕込み作業のためにお店の鍵を開ける役割を担っていましたが、これについては、店長自身も「助かっている」と述べています。
 そもそも仕込み作業を店長がAさんに対して指示してないとすれば、なぜ店舗の鍵をAさんに預けていたのでしょうか。Aさんに開店前に仕込み作業を任せていないのであれば、鍵を預ける必要もないと思われます。また、会社が主張するほどAさんの能力が低いのだとすれば、お店の鍵を預けるという判断もしなかったはずです。

■「会社のせいだと言うのは甘えだ」
 運営会社は、Aさんがアルバイトのために授業に行けず、テストにも出られずに全ての単位を落としてしまったことについても、「すべて会社の責任だとするのは甘えだ。」と言い放ちました。
 本当に甘えなのでしょうか?Aさんは、4ヶ月連続勤務の中でも、必死に大学のテストを受けようとしていました。Aさんは、テストには出なければと思いながらも、仕込み作業(7月は昼の11時頃開始)を休むことができなかったため、翌日にテストがある日は、閉店作業終了後の深夜26時頃から、そのまま翌日のための仕込み作業をしていたのです。それが終わるのは、早くて朝5時、遅いと朝9時にもなりました。そこまでしてテストを受けようと努力したのだけれども、あまりの疲れで結局、翌日はテストを受けられなかったというのが事実なのです。

■今後について
 ユニオンは、温野菜運営会社に対し、Aさんは「喜んで自発的に働いていた」のではなく、店長から指示を受けて働いていたという事実を受け入れるよう求めていきます。 一方、温野菜本部のレインズインターナショナルに対しては、運営会社への指導の徹底を求めるとともに、アルバイト学生Aさんの迅速な被害の回復とブラックバイト被害の再発防止のために、話し合いに応じるよう要望していきます。団体交渉の申し入れから1ヶ月以上が経過しているにもかかわらず、相変わらず「喜んで自主的に働いていた」「彼は働きたかったのだ」などと放言している現状は、フランチャイズ本部としても看過できないはずです。Aさんの被害の回復のために、誠実に団体交渉に応じるよう、引き続き両社に対して要請していきます。

■関連サイト
パワハラ発言などの動画はこちらから:https://www.youtube.com/watch?v=500znEiosrQ
被害の詳細についてはこちらから:http://blackbeitunion.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

■連絡先
〒155-0031 東京都世田谷区北沢4−17−15 ローゼンハイム下北沢201号
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@kobetsu-union.com

■ボランティア募集 
 ブラックバイトユニオンでは、職場での労働条件の改善のため、ともにブラックバイトの改善に取り組んでくれる学生ボランティアを募集します。ボランティアとして、団体交渉や労働基準監督署への申告のサポートをすることができます。詳しくは、こちらをご参照ください。

Tag:しゃぶしゃぶ温野菜  comment:1 

湘南ゼミナール・森塾の見解: 授業報告書は書き終えずにそのまま帰ってよい!?

 平成27年9月7日(月)、10月1日(木)の計2回にわたって、森塾・湘南ゼミナールさんと労働条件全般に関する話し合いをしてきました。ここまでの話し合いによって、労使相互の認識が食い違っている点が明確になってきましたので、森塾・湘南ゼミナールで働く学生講師の皆さまと、お子さんが通塾されている(もしくは通塾を検討されている)保護者の皆さまに向けて、ご報告させていただきます。

 私たち個別指導塾ユニオンは、団体交渉において、「授業時間内に生徒さんの授業報告書の記入を終えられないことが多いのだが、どうしたらよいのか。」と指摘したところ、森塾・湘南ゼミナールは「授業時間内に報告書が書き終わらないのなら、書き途中でもそのままにして帰ってよい。」という趣旨の回答をしました。さらに会社側は「生徒の見送りは一切しなくてよい。講師の先生は、生徒より先に帰ってよい。」という趣旨の発言をしたうえ、毎日行われる会議(夕礼)については「講師の先生は出席しなくてもよい。」とまで言っています。

 しかし、果たして本当にこれでいいのでしょうか? 会社の担当者の方々がもし本当に心の底から生徒のことを思っているのなら、決してこんな発言はできないはずです。森塾・湘南ゼミナールは、授業時間以外について時給をなるべく支払わないようにと、報告書は中途半端でよし、会議は出席しなくてよし、としてしまっているのです。実際、現状では、毎日1時間以上のお給料未払いが発生しています。
 個別指導塾ユニオンとしては、「生徒さんの状況を把握するため、授業報告書は最後まで丁寧に書きあげること」、「最後の生徒一人まで気持ちよく元気に見送ること(もちろん生徒さんには早く帰宅するよう指導します)」、「テスト情報や受験に関する情報の共有のため、必要な会議は業務としてしっかりと行うこと」を森塾・湘南ゼミナールに求めています。生徒さんにとって本当に良いサービスを実現すること、そしてそれに伴う生徒さんの学力アップに向けて、今後も森塾(湘南ゼミナール)さんとの話し合いを続けていきます。

■保護者の皆さまへ 
 このブログを書いている私自身が湘南ゼミナール・森塾の生徒として通塾していたこともあり、一連の会社側の主張を受けて率直に落胆しました。自分はこのような塾に通っていたのかと。高校受験と大学受験の両方をここでお世話になりましたが、今思うと塾のおかげというより、担当してくれた講師の先生のおかげだったのだと気づきました。
 大事なお子さんを塾に預ける保護者として、皆さんは会社側の主張にどういう印象をお持ちになったでしょうか。生徒よりも早く帰り、授業時間以外は全く質問を受け付けない先生。未記入がある生徒の授業報告書をほったらかして帰る先生。こういう先生でもいいと、湘南ゼミナール・森塾は言ってしまっているのです。このような環境の下で働くアルバイト講師、その講師に教わる生徒さん、それではとても良い塾とは言えません。
 果たして、湘南ゼミナール・森塾はこのままでいいのでしょうか。もちろん、現場で頑張っている講師・先生は沢山います。そうした先生方とともに、あるべき本来の塾の姿を実現できるよう、ユニオンは会社に対して改善を要請していきます。

■アルバイト講師の皆さまへ 
 私たちが勤める湘南ゼミナール・森塾の現状は残念ながら、上記のような考え方になってしまっています。私たちはこうした環境の下で日々働いているのです。上記の会社側の主張はエリアマネージャーと人事部長の説明によるものですが、講師の皆さまはどのような印象をお持ちになったでしょうか。
 私たちをまとめる地位にある人が公式の場でこうした発言を平気でしておきながら、「生徒のため」とはよく言えたものだと思います。授業時間以外の業務については、会社側は断固として業務時間と認めず、「業務時間と認めて給与を払うくらいなら、サービスの質が落ちてしまっても構わない。」という発想になっているということです。生徒さんのために貢献したい・勉強をしっかり教えてあげたいと思って講師になったはずなのに、これでは何のために湘南ゼミナール・森塾で働いているのかという意味が見えなくなってしまいます。大好きな生徒さんのためにも、会社の対応をこのままにしておいてはいけないと思います。
 このブログを読まれている皆さんが勤める教室では、どういう現状があるでしょうか。この記事をきっかけに、今一度ご自身の働き方についても考えてみていただけたらと思います。その中で、何か気になる点などがあった場合は、ぜひ当ユニオンへ問い合わせてみてください。

■連絡先
個別指導塾ユニオン(ブラックバイトユニオン)
〒155-0031 東京都世田谷区北沢4-17-15 ローゼンハイム下北沢201号室
メールアドレス: info@kobetsu-union.com
電話番号: 03-6804-7245
FAX番号: 03-6804-7247

Tag:未分類  comment:0 

プロフィール

ブラックバイトユニオン

Author:ブラックバイトユニオン
私たちブラックバイトユニオンは、近年様々な背景のもとで広がりつつある「ブラックバイト」によって学生生活が脅かされることのない社会を目指して活動する団体です。電話とメールで相談を受け付けているので、学生の方は是非お気軽にご相談ください。
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@blackarbeit-union.com

ツイッター
検索フォーム